ステップその5:会話を工夫する

彼女がなかなかできない人は、コミュニケーションに問題があるケースが多い。

女性に慣れておらずうまく会話できないという初歩的なケースもあれば、自分はイケテイルと思い込み、喋りすぎて誤解されるケースも多い。

喋りすぎるケースの代表は、自分の自慢話である。

聞かれてもいないのに、自分の過去の栄光を喋る・・、キャバクラに行けば相手は機嫌よく聞いて褒めてくれるだろうが、現実ではイタい男の代表だ。

日常でこのような自慢話をする男は、話し好きであってもコミュニケーション上手とは言わない。

一方的に喋りすぎてしまう人は、相手の顔色を察することのできないKYと呼ばれるタイプで、喋りすぎをやめるところからコミュニケーションを訓練する必要があるだろう。

コミュニケーションの最大の秘訣は、相手の話を親身になって聞くことである。相手のことに興味を持ち、聞き役に回ることで、「この人はいい人かもしれない」「またこの人と話をしたい」と思われるものである。

彼女の作り方〜社会人と大学生のための彼女を作る方法〜 でも同様な内容が紹介されている。

会話を工夫し、改善するために、聞き役に徹してみてはいかがだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です