ステップその6:ポジティブシンキング

ポジティブシンキングとは、プラス思考のことである。

女性にアプローチをして断られるなど良い結果がでないと、落ち込んでしまい、ネガティブな思考を引きずる者も多いもの。

自分には魅力がないのだろうか、また次にアプローチしても振られてしまうのではないだろうか、などと負のオーラに包まれて表情が暗くなり、ビクビクと怯えてしまう方もいます。

今回振られたことと、次回のうまくいかないこととは本来関連性がないが、負のオーラをまとってしまうことで、次回の成功率が下がってしまうことがある。

彼女作りをうまく行うためには、小さいことや過去に起こった出来事にくよくよしないポジティブシンキングの思考を持つ必要がある。

メジャーリーグで活躍しているイチロー選手は、安打数において圧倒的な記録を残し続けているが、それでも10回のうち7回は失敗しているのである。

成功(ヒット)は3割、7割は失敗。失敗のたびに落ち込むことはなく、常に次のチャンスを万全の状態で挑んでいるのだ。

彼女作りは、そう考えると気が楽である。

なぜなら、100回失敗しても(振られても)1回成功すれば一発逆転できるからである。

失敗を次回に生かしつつも次にネガティブを引きずることなく、新しい出会いを探していくとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です